福岡の赤坂にある昭和32年創業の老舗、博多水炊き、伊万里牛すき焼きなどの鍋料理が自慢の味処でございます。

題名マーク

秋田の「北秋田・特別純米」

2015年11月23日に投稿、または更新した日記でございます。

    

スローフードジャパンの燗酒コンテスト2014にて

「ぬる燗部門・金賞受賞」した「北秋田」を入荷しました。

IMG_1842

 

今年の福岡は11月と思えない暖かい気温の日が続きましたね。。。

今日あたりから、少し寒くなるとのことです。ようやく11月らしくなるのでしょう~。

 

あったか~い水炊きや湯豆腐と一緒におすすめしている日本酒、

そろそろ「お燗」で楽しんでみませんか?

 

今回入荷しました「北秋田」は以前おすすめした事のある

「雪中の舞」と同じ、秋田の「北鹿」さんの日本酒です。

秋田の良水と良米にこだわった酒造りが自慢の「北鹿」さん。

伝統製法を大切にしながらも新しいチャレンジへの試みも怠らず誕生した

「秋田流生酛仕込み」で米の旨みを生かした酒に仕上げているそうです。

 

飲んでみます!!

 

ぬる燗がおすすめとのことですので、早速40℃~45℃に温めて頂きます。

温めると日本酒に含まれている雑味成分が飛び、味が滑らかになると言われますが、

たしかに!!納得です。

味や香りにふくらみが出て濃醇な米の旨みを感じます。

 

 

「冷や」と「ぬる燗」で味や香りの変化を楽しむのも良いかと思います。

自分好みの温度帯を見つけること、それも日本酒の楽しみ方のひとつですね~。

 

鍋も美味しいし、お酒の楽しみも増えて。。。

ついつい飲みすぎてしまいそうです。

そこで、ちょっと、お酒と体の関係についのお話です。

 

「燗酒」は昔から体にやさしいと言われているのをご存知でしょう?

「燗酒」は、あたたかい分、早く腸から吸収されて脳に届きます。

アルコール分解が早いため、比較的少量で「酔った」と感じ、飲みすぎ防止にも

なります。

 

逆に。。。「冷や酒」は胃や腸の中で温められてから分解がはじまるので、

「酔った」と感じた時には、かなり、酔いがまわっていることが多いのです。

結果、飲みすぎる。。。という訳なのです~。

 

これから飲む機会が増えるでしょうから、体調管理に気をつけながら

楽しく飲みたいものですね~。と記しつつ自分にも言い聞かせてます!

 

ではでは。。。あたたかい鍋と美味しいお酒をご準備して、

皆様のご来店心よりお待ちしております。

 

 

 

 

 

カテゴリー : 日本酒